【ブラウンダスト】2022年02月開発者ノート まとめ

公式ブログより。

2022年2月のアップデート内容をご案内致します。

下記の内容は開発中のものが含まれており、実装時期や詳細な内容は変更される可能性がございます。
また、現在翻訳が進行中のため、一部、韓国語でのスクリーンショットを利用させていただいております。ご了承をお願いいたします。

・2022年02月 アップデート

目次

ジャンピングクエストの追加と変更

新入り団長の皆様、ゲームのメタをより理解して楽しめるよう、ジャンピングクエストをリニューアルします。

1) 1回目~13回目のジャンピングクエストの変更

序盤の達成レベル条件と、一部ミッション内容を変更します。
なお、報酬内容は維持します。
既に完了したミッションを再度達成することはできません。
また、獲得済みの報酬は再獲得できません。
ミッション内容の変更により、完了したミッションと表示されるなど、実際のゲーム進行度と差が生じることがあります。

2) 33回目~60回目のジャンピングクエストの追加

レベル51以上で進行可能なジャンピングクエストを追加します。

既存の32回目のクエストまで完了した団長様、まだクエストを完了していない団長様も
全ての団長様が進行できます。
クエスト完了時にペルソナズ傭兵、スキル書【伝説】、シュタインインクなどを獲得できます。
33回目のジャンピングクエストオープン日基準で出席条件が変更されます。
(クエスト回目、条件、報酬は実際のゲーム適用時に変動する場合があります)

伝説傭兵リニューアル

レピテア / セト / シリオン / アスモード / ベリアスを2月末にリニューアル予定です。


【上方修正】
レピテア:グラティが味方にかかっているデバフを食べて、レピテアのバフが強くなる方向でリニューアルする予定です。
セト:セトはカウンター能力を強化する方向にリニューアルする予定です。
シリオン:シリオンのサブターゲットへのダメージが条件によってより強くなるようリニューアルする予定です。
アスモード:アスモードは「欲望の夜(永続)Ⅱ」の効果を強化し、支援効果を上昇するようにリニューアルする予定です。

【下方修正】
ベリアス:ベリアスは「髑髏転生付与」の効果が意図したよりも味方陣形を安定的にしていると判断しました。
ベリアスの「髑髏転生付与」の効果を多少不安定にしたほうが、傭兵のバリエーションを増やし、
より面白くなると判断したため、下方修正することを決めました。
ベリアスの下方修正に伴い、還元を行う予定です。

※上記で説明したリニューアル方向は実際のアップデート時に変更になる場合がございます。

傭兵リニューアル

5人の傭兵をリニューアル対象に選定しました。リニューアル方向は以下の通りです。

傭兵リニューアル方向性

星5 エディン
エディンは最初、アンジェリカのように魔剣の持ち主として悪魔のバリアを持っていても、
アンジェリカと違い呪いを克服できなかった設定、
そして呪いによって自分の生命力を消費して攻撃する傭兵として設計されました。
最初の企画意図は維持しながら、『斬り落とす』という効果を追加することで、
ゲーム中でエディンがより攻撃的な姿を見せることができる方向に修正する予定です。

星5 ヴェンタナ
ヴェンタナは挑発傭兵を容易に制圧できるように設計された傭兵で、
現在の挑発傭兵の中でも倒しにくい傭兵をより容易に倒せるように調整し、
挑発傭兵を倒した際に得る効果をさらに強化する方向に修正する予定です。

星5 アルカン
アルカンは、安定すればするほどゲームがルーズになり、前回の助力者追加で不安定要素を作っておきました。
結果的に予想以上にアルカンが安定性を失いキャラクター性がかなり減少したと判断されるため、
不安定要素を取り除いて今まで以上に安定的に防御できるよう修正する予定です。

星4 ルフェル
ルフェルの助力者が追加されることでクリティカルの有無によって与えられる効果が変わる不確定性の面白さを提供することを期待しました。
以前公開された映像では、クリティカルの有無によってルフェルが防御力減少オーラと被ダメージ増加オーラを使用する姿が公開されましたが、最終的にはオーラがなくても十分に不確定性の面白さを与えられると判断したため、オーラを除いてアップデートを行いました。
しかし、ルフェルの不確定性の面白さが伝わっていないという判断の上、今回のリニューアルで最初の意図通りに防御力減少オーラと被ダメージ増加オーラを提供し、不確定性の面白さを生かす方向に修正する予定です。

星4 ショウマン
ショウマンは『無効化』と『爆破マジック』で、敵にかなりのダメージを与える自爆型傭兵として設計されました。
ショウマンは高いダメージを与えられるメリットを持っていますが、ウィグルの気絶やオクタビアの誘惑などと比べると、多少欠けている部分があると判断しました。
ショウマンは『爆破マジック』で自爆攻撃を行う際に、味方に有利な効果を与えるように修正する予定です。

※上記で説明したリニューアル方向は実際のアップデート時に変更になる場合がございます。

新スペルカード4種追加

新しい能力を持ったスペルカード4種を追加します。
おおよそのストーリーとイラストは以下の通りです。

<ニケの翼>

仲間を救うために自分をささげたヴァルキリー、ニケの残された翼。
ヴァルキリーの神殿に保管されているこの翼を抱くと、一時的に限界を越える力を発揮できると言われている。

<パンドラの箱>

ベルフェロンの武器を貪っていた、複製人間パンドラの悲劇的な結末が困られた箱。
この箱を開くと、果てしない悪夢と幻想に囚われてしまうと言われている。

<復讐のミョルニル>

聖槍ロンギヌスが二つの剣に分かれる際にできた小さい破片。
この破片をこっそり盗み出し、武器にしたという噂にノルヘイヤが怒り出した。

<アルテミスの悲哀>

遠い昔、素晴らしい狩人で優れた魅力を持つ男、アルテミスがいた。
彼の噂は常夜の世界の夢魔たちの指導者、アスモードの耳にも入った。そして彼の破滅が始まった。

セット効果追加

新たなセット効果を3種追加します。

セット効果名セット効果対象傭兵1傭兵2 傭兵3
不死の骸骨攻撃力ラキスチョークジャカン
教団と教団最大HPウリベルレクリスエドウィン
巨体の漢たち最大HPマティアスジャクリーンアロス

混沌の扉シーズン2復刻

混沌の扉のシーズン2を復刻開催します。

新衣装公開

最後に

ついに考え無しに実装した結果ナーフになる事態に!

遅れながらも+15を目指していた後続勢に対して何も思わないのか・・!ナーフするぐらいなら最初から実装しないでほしいものです。

あとは追加のスペルカードでさらに混乱しそうですね。そろそろスペルカードも終わりが近付いているのかもしれないと予想。

1つはヘルガがスペルカードバージョンになってそうなイメージ。

スペルカードも実装された際には記事更新したいと思います!

記事は以上になります!

それでは~!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク





コメント

コメントする

CAPTCHA


2 × three =

目次