【ブラウンダスト】マモニル【傭兵紹介】

11/19の大型アップデートにて、ついに実装されたオクト助力者後発組。

ベルフェロン・マモニル・バルゼ・アスモード助力者が実装されました。

さて、今回はマモニルを紹介していきます!


・伝説傭兵:マモニル

攻撃範囲:最前2マス

11/19アップデートにより、スキルが大幅変更に。

攻撃回数1回→4回に変更。

+10からエナジーガードIIが追加。100ターン→65ターンに変更。
エナジーガードIIを保持している場合、終了後(一定ダメージ受けた場合)はエナジーガードが別途発動。
さらに最大HP1000%分のHP10ターン耐える事が可能。

+12から終焉の夜が追加。KOに至るダメージを受けた場合HP1で耐え、デスガード10ターン発生(1回)。
つまり、レヴィアの直撃を受けても死なずに1回は耐えるということになります。
壁役としては申し分ない性能ですね。

+13,+14エナジーガード最大量が増えるのでオススメとしては+14は欲しい所です。
自陣のバランスによっては+15にするのも全然有りだと思います!
また、サセイラとの相性も良いのでオススメ!


・助力者:リヴァイデル

ドミナスオクトでさえ相手にすることを躊躇うほどの力・・を持つクラーケン・・の娘。
なんかわかりにくいけど、とりあえず躊躇う程の力を持っている世間知らずの愛すべき問題児という認識とします。


・+10 エナジーガードII/エナジーガード

先程ご説明した通り、エナジーガードIIエナジーガードが存在します。
+10時点だと最大エナジー量が最大HPの200%と少ないので、壁役としては中々難しい立ち位置となります。+9で使うよりも、とりあえずは+10にすることをオススメします!


・+12 終焉の夜/デスガード

新たなタコさんが登場。
KOに至るダメージを受けた際、HPが1になり終焉の夜の効果終了。デスガード10ターン残ります。
レヴィアの直撃を受けても耐えるのでかなり厄介なスキル。
とりあえず使う分には+12はほしいかなといった印象。しかし耐久面が不安なので、結論から言えば実際に使ってみて+14は必須かなと思いました。


・+13,14 エナジーガードII

エナジー最大量が最大HPの250%+25%回復(+13の場合)被ダメージ軽減50%
エナジー最大量が最大HPの300%+30%回復(+14の場合)被ダメージ軽減65%
回復量も合わせて変動します。

アレックなどの攻撃を耐えることが出来る数値で、エナジー量9万台に乗ります。(ルーン次第では10万超え)


・+15 攻撃範囲強化

+15にすると攻撃範囲2マスから5マスになります。
これもまたイヤらしい強化。密集陣形が取りにくくなるので、近くにいるセト等の攻撃型が瀕死orKOされる要因にもなっています。


・限界突破について

限界突破もかなりオススメ。
最大HPが上がるので耐久力が増します。
また、攻撃スキルが最大HPを参照しているので火力アップにも繋がります。


・最後に

今回はマモニルでお送りしました!
無効化&バフ封印は使い勝手がよく、1ライン封鎖状態も可能なので育てたい伝説傭兵の1人となりました!使い方によっては無効化ゲイラニアバフを剥いで、セトorジンカウンターレヴィアを倒すことも出来ます!
以前からも+6ぐらいからの無効化&バフ封印は優秀でしたが、如何せん耐久力の無さが致命的でした。
しかし4回攻撃はやり過ぎたんじゃないかな~と思います・・w
セト・ルシウスがぼこぼこにされているので可哀相な感じに・・!

それでは記事は以上となります!
ここまでお読み頂きありがとうございました。

それでは~!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA